一般内科・循環器内科・腎臓内科・心臓血管外科・皮膚科専門外来|赤坂一ツ木通りクリニック

循環器内科・心臓血管外科の赤坂一ツ木通りクリニック
EPARK
お電話でのお問い合わせ

診療日:月~金 / 休診日:土・日・祝
診療時間:8時30分~12時30分/13時30分~17時30分
曜日により診療時間が異なりますので、
ご来院の際は予めお問い合わせください。
メール相談
ご予約
TOP > 循環器内科とは > 動脈硬化
禁煙外来
睡眠時無呼吸検査外来
メタボドッグ
抗加齢ドッグ
健康診断

動脈硬化

Atherosclerosis

動脈硬化とは
動脈硬化は、動脈が詰まったり、硬くなったり、狭くなったりして血液の流れが滞る状態のことをいいます。 これらの状態は“血管の老化”や“コレステロール値の異常”などによって引き起こされます。 この状態を放っておくと、血管が詰まったりして心筋梗塞、脳梗塞など命を落とす重病を引き起こします。 動脈硬化は治療して治すことはできませんが、定期的な検査、診察で動脈硬化の進行を遅らせることはでき、心筋梗塞などの重病のリスクを下げることができます。 動脈硬化自体には症状はありませんので、検査で調べるしかありません。 検査を受け、現在の動脈硬化の状態を把握することが重要になります。
動脈硬化の種類
アテローム性動脈硬化
動脈の内側に高血圧や高血糖などの症状から粥状の塊(アテローム)ができ隆起(プラーク)した状態をいいます。
プラークは成長し血管を狭くしたり、突然プラークが破れ血管内で血液が固まり(血栓)、動脈の内腔を塞ぐこともあり臓器への酸素や栄養成分の輸送に障害を引き起こすことがあります。
心筋梗塞、脳梗塞、肺血栓など命を落とす重病の引き金になります。
細動脈硬化
動脈血管(脳や目の網膜などの細い動脈)の弾力性がなくなってしまう状態をいいます。弾力性がないので血圧が高くなると破裂してしまいます。 脳出血など命を落とす重病の引き金になります。
不整脈を放置していると
設備・検査
診療日:月~金
休診日:土・日・祝
診療時間:8時30分~12時30分
     13時30分~17時30分
曜日により診療時間が異なりますので、ご来院の際は予めお問い合わせください。
メール相談ご予約
〒107-0052
東京都港区赤坂3丁目15-9 ACRビル3F
東京メトロ千代田線、赤坂駅1番出口より徒歩2分
東京メトロ丸ノ内線・銀座線、赤坂見附駅10番出口より徒歩5分