一般内科・循環器内科・腎臓内科・心臓血管外科・皮膚科専門外来|赤坂一ツ木通りクリニック

循環器内科・心臓血管外科の赤坂一ツ木通りクリニック
EPARK
お電話でのお問い合わせ

診療日:月~金 / 休診日:土・日・祝
診療時間:8時30分~12時30分/13時30分~17時30分
曜日により診療時間が異なりますので、
ご来院の際は予めお問い合わせください。
メール相談
ご予約
TOP > 腎臓内科とは > 高尿酸血症・痛風
禁煙外来
睡眠時無呼吸検査外来
メタボドッグ
抗加齢ドッグ
健康診断

高尿酸血症・痛風

Hyperuricemia

高尿酸血症・痛風とは

血清尿酸値が7.0mg/dlを超え、高尿酸血に起因して尿酸塩沈着による関節炎発作を伴う事を痛風と言います。

高尿酸血症・痛風の症状

痛風発作の症状として、足の親指の付け根関節に発赤・腫脹・疼痛等が出てきます。
まれに足首やくるぶし、指の付け根や手首などに痛みが出る場合もありますが、ほとんどの場合は足の親指から起きると言われています。
痛みの程度は軽度から、歩くことも困難になるほどの激痛を伴うこともあり、初期の痛風発作は発症してから数日で収まることが多いため、自然に治ったと思い込んでしまいがちです。しかし、発作の頻度は症状が進行するにつれ短くなり、また症状も悪化傾向にあります。

高尿酸血症・痛風の原因
食生活の問題

尿酸値は食生活により影響があります。代表的なものとしてはアルコール(特にビール等)や肉、海産物です。
アルコールは、摂取されると体内で分解され代謝産物として尿酸が作られます。こうして作られた尿酸が蓄積され高尿酸血症となり、さらに閾値を超えてしまうことで痛風発作が出現します。
尿酸の素となるプリン体を含むアルコールには注意が必要で、主にビールなどに多く含まれています。そのほか、肉や海産物を多く摂取することで尿酸が蓄積され痛風になる可能性があります。

ストレス

ストレスは尿酸値を上昇させると言われています。
ストレス発散のため、激しい運動を行う行為も尿酸値を一時的に上昇させます。発汗により極度の脱水状態になったときも血清尿酸値は上昇しますので、運動によるストレス発散も適度に行ってください。

高尿酸血症・痛風を放置していると

高尿酸血症は血液検査でしか判断できません。健康診断などで血清尿酸値が7.0mg/dl を超える場合は、痛風の自覚がない場合でも、痛風を一度発症すると治らない病気ともいわれています。
適切に治療せず痛風発作を繰り返していると、関節の腫れや変形、痛風結石があらわれ、さらには腎臓なども障害をきたします。
健康診断等にて異常が見られた場合は、速やかに治療することをお勧めします。

設備・検査
診療日:月~金
休診日:土・日・祝
診療時間:8時30分~12時30分
     13時30分~17時30分
曜日により診療時間が異なりますので、ご来院の際は予めお問い合わせください。
メール相談ご予約
〒107-0052
東京都港区赤坂3丁目15-9 ACRビル3F
東京メトロ千代田線、赤坂駅1番出口より徒歩2分
東京メトロ丸ノ内線・銀座線、赤坂見附駅10番出口より徒歩5分