一般内科・循環器内科・心臓血管外科・皮膚科専門外来|赤坂一ツ木通りクリニック

循環器内科・心臓血管外科の赤坂一ツ木通りクリニック
EPARK
お電話でのお問い合わせ

診療日:月~金 / 休診日:土・日・祝
診療時間:8時30分~12時30分/13時30分~17時30分
曜日により診療時間が異なりますので、
ご来院の際は予めお問い合わせください。
メール相談
ご予約
TOP > 睡眠時無呼吸症候群検査外来
禁煙外来
睡眠時無呼吸検査外来
メタボドッグ
抗加齢ドッグ
健康診断

睡眠時無呼吸症候群検査外来

睡眠時無呼吸症候群の検査が必要な理由とは

近年、睡眠が原因で身体の不調を訴える方が急増しています。それは単なる睡眠障害だけが原因とは限りません。睡眠時無呼吸症候群があるかもしれません。睡眠時無呼吸症候群は心臓疾患のリスクを上げることが最近の研究で分かってきました。
当院では、循環器内科、心臓血管外科の外来を行っていますので、睡眠時無呼吸症候群も診療の範囲内と考え、検査を行っています。

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群は、国際的にはSleep Apnea Syndromeと言われ、頭文字をとって、SAS(サス)とも言われます。 文字通り、睡眠中に呼吸が止まる病気です。医学的には、10秒以上気道の空気の流れが止まった状態を無呼吸とし、この無呼吸が1晩の睡眠中(目安は7時間)に30回以上、または1時間あたり5回以上発生していれば睡眠時無呼吸になります。
日本での潜在患者数は300万人以上とも言われますが、寝ている間に起こることなので本人は気づきません。そのため、検査でしか発見することができません。

睡眠時無呼吸症候群の怖いところ

睡眠時無呼吸症候群は、様々な合併症を引き起こします。 不整脈、特に心房細動を起こす危険性があり、起きた場合に元に戻らなければ命を落とす危険性もあります。また、脳出血、脳梗塞も引き起こすこともあるため、こちらも命にかかわります。高血圧、糖尿病を引き起すリスクも高まり、またすでにかかっている方は、その症状をさらに悪化させてしまいます。当然、高血圧も糖尿病も治療でコントロールが不良の場合は、心筋梗塞、脳出血、脳梗塞など命にかかわる病気へと発展する恐れがあります。そのため、睡眠時無呼吸症候群を検査で調べ、必要な治療を受け、改善することが命にかかわる重病の合併症のリスクを軽減できる唯一の方法になります。

こんな症状がある方はまずは睡眠時無呼吸症候群の検査を受けてみましょう

下記の症状で1個でも当てはまる方はまずは検査を受けてみましょう。
病気は何かあってからでは遅いので定期検査、予防が重要です。

生活習慣病(メタボリックシンドローム)を持っている方、
または健康診断で指摘されたことがある方
生活習慣について
身体的特徴、年齢、性別について
睡眠に関連する症状について
起きた時と起きる時
起きている時
睡眠時無呼吸症候群の検査~治療までの流れについて
自宅でできる簡易検査
1泊2日で検査機器を貸し出します。その検査機器を睡眠時に装着して眠ってもらいます。
装着は簡単ですし、かさばる装置ではありませんので普段と変わらず睡眠していただけます。翌日、検査機器をクリニックに返却していただき、約1週間程度で分析結果がでますので、その後、再診をいたします。 検査結果で治療が必要と判断された方は、軽症の方ではマウスピースでの治療を検討し、重症の方では、CPAP療法(睡眠中の呼吸を補助する装置での治療)を検討します。必要があれば、大病院での1泊2日の精密検査を受けていただき、その結果でCPAP療法の適応を決めることもあります。
設備・検査
診療日:月~金
休診日:土・日・祝
診療時間:8時30分~12時30分
     13時30分~17時30分
曜日により診療時間が異なりますので、ご来院の際は予めお問い合わせください。
メール相談ご予約
〒107-0052
東京都港区赤坂3丁目15-9 ACRビル3F
東京メトロ千代田線、赤坂駅1番出口より徒歩2分
東京メトロ丸ノ内線・銀座線、赤坂見附駅10番出口より徒歩5分